高安が単独首位、2敗守る 1差で貴景勝ら、正代陥落

産経ニュース
【大相撲十一月場所(九州場所)13日目】○高安(うわてなげ)王鵬×=福岡国際センター(撮影・安部光翁)
【大相撲十一月場所(九州場所)13日目】○高安(うわてなげ)王鵬×=福岡国際センター(撮影・安部光翁)

大相撲九州場所13日目は25日、福岡国際センターで行われ、高安が王鵬との平幕同士による2敗対決を上手投げで制し、単独首位に立った。大関貴景勝は関脇豊昇龍を押し出して3敗を堅持。豊昇龍は3敗に後退した。

かど番の大関正代は小結玉鷲に押し出されて負け越し。来場所の関脇転落が決定した。関脇若隆景は7勝目。今年の56勝目で初の年間最多勝を確定させた。関脇御嶽海は6勝目。新小結翔猿は負け越した。

2敗の高安を3敗で貴景勝、豊昇龍、阿炎、王鵬の4人が追う展開。十両は3敗で北青鵬と欧勝馬がトップ。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」