シネマプレビュー

ディズニーの挑戦作「ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界」ほか3本

産経ニュース
映画「ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界」ⓒ2022 Disney.All Rights Reserved.
映画「ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界」ⓒ2022 Disney.All Rights Reserved.

公開中の作品から、文化部映画担当の編集委員がピックアップした「シネマプレビュー」をお届けします。上映予定は予告なく変更される場合があります。最新の上映予定は各映画館にお問い合わせください。

極上料理の驚愕結末 先週のプレビューはこちら

「ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界」

米ディズニー・アニメーション・スタジオの最新長編。「ベイマックス」(2014年)などのドン・ホール監督が、SDGs(持続可能な開発目標)と多様性という今日的なテーマに家族愛という普遍的なテーマをかけ合わせて、作品に昇華させた。

農業を営み妻子と静かに暮らす主人公が、資源枯渇に伴い大統領とともに地下世界の調査に出ることに。未知の生命体にあふれる〝もう一つの世界〟で、生き別れになっていた父親と奇跡の再会を果たすが、伝説の探検家で勇猛果敢な父親とは生き方がまるで違っていた。

父子の深い葛藤というピンポイントで見れば、世代を超えて観客の共感を得られそうだ。一方、全体を見たとき、何が起きているのかやや分かりづらいかもしれない。物語の骨格をなすのはSDGs。果たして子供が見て理解できるのか?

いや、今の子供たちだからこそ理解できる物語なのか? 来年、創立100周年のウォルト・ディズニー・カンパニー。これは、その記念ロゴを使った最初の作品だが、挑戦的な内容というべきか。米映画。

全国公開中。1時間42分。(健)

「シスター 夏のわかれ道」

映画「シスター 夏のわかれ道」(C) 2021 Shanghai Lian Ray Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

中国で急激な人口増を抑えるため、1979年から2015年まで続いた「一人っ子政策」と家父長制が本作の背景にある。跡継ぎとなる男子を望む両親の下、望まれない娘として生まれ、心に傷を負った女性が主人公だ。

安然(アンラン、チャン・ツィフォン)は早くに親元を離れ、自分で学費と生活費を稼ぎ生きてきた。今は看護師として働きながら、医者になるために大学院進学を目指している。ある日、疎遠だった両親を交通事故で失い、見知らぬ6歳の弟が突然現れる。実姉であることを理由に親戚から養育を押し付けられた安然は、弟を養子に出そうとするが…。

監督はイン・ルオシン。中国映画。25日から全国順次公開。2時間7分。(啓)

「グリーン・ナイト」

映画「グリーン・ナイト」(C) 2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

14世紀に書かれた作者不詳の物語「ガウェイン卿と緑の騎士」を監督のデヴィッド・ロウリーが大胆に脚色し、独特の世界観で映像化した。「ミッドサマー」など話題作を次々と世に送り出してきた米製作・配給会社「A24」が初めて手掛けた本格ファンタジー。

アーサー王のおい、ガウェイン卿はまだ正式な騎士ではなく、怠惰な日々を送っていた。そんなある日、宮殿で開かれた宴の最中、全身が草木に包まれたような〝緑の騎士(グリーン・ナイト)〟が現れ、恐ろしい首切りゲームを提案する。その挑発に乗ったガウェイン卿が一振りで斬り落とすと…。米国、カナダ、アイルランド合作。

25日から全国順次公開。2時間10分。(啓)


「マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説」

映画「マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説」(C)2021 MQD FILM LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

ファッションブランド名で知られる英国のデザイナー、マリー・クワント(1930年~)。60年代、ザ・ビートルズをはじめ「スウィンギング・ロンドン」と呼ばれた若者文化がロンドンで開花するが、その担い手の一人、マリーの姿を追ったドキュメンタリー。

伝統と階級文化が残る英国で、マリーは「自由に、自分らしく」を追求し、ミニスカートやホットパンツなど当時としては画期的なデザインでファッション革命を起こす。関係者へのインタビューや過去資料から、マリーの横顔や貴族出身の夫との出会いなど、知られざるエピソードが明かされる。監督は英女優、サディ・フロスト。英映画。

26日から全国順次公開。1時間30分。(啓)

  1. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  2. 広瀬章人八段は4年ぶり竜王奪取ならず 藤井聡太竜王に敗れ「スコア以上に完敗だった」/将棋

  3. NHK大河「鎌倉殿の13人」12月4日OA第46話あらすじ 京で高まる鎌倉への不信感、北条家では泰時(坂口健太郎)が思い悩み…

  4. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間