ロシア前駐日大使、外務次官にガルージン氏

産経ニュース
ロシアの駐日大使を務めていたミハイル・ガルージン氏=5月、東京都港区のロシア大使館
ロシアの駐日大使を務めていたミハイル・ガルージン氏=5月、東京都港区のロシア大使館

ロシアのプーチン大統領は25日付の大統領令で、駐日大使を務めていたミハイル・ガルージン氏を外務次官に任命した。

ガルージン氏はソ連時代を含め日本勤務が計4回。ロシア外務省屈指の日本通として知られる。

ロシアは2月に始まったウクライナ侵攻を理由に対露制裁に加わった日本を「非友好国」に指定。3月には日露間最大の懸案である北方領土問題を含む平和条約締結交渉の中断を発表した。

ガルージン氏は1983年にソ連外務省入省。ロシア外務省でアジア太平洋局長や日本を担当する第3アジア局長、駐インドネシア大使などを歴任し、2018年1月に駐日大使に任命。今月離日し、モスクワに帰任していた。(共同)

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  5. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」