松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独

ポストセブン
松原千明さんが感じていた深い孤独とは
松原千明さんが感じていた深い孤独とは

「I’m such a loner」──2018年、ハワイの海の景色とともに、Facebookにこう胸の内をつづった松原千明さん(享年64)。ちょうどこの頃から精神安定剤を頼りにしていたという彼女は何を思って日々を過ごしていたのか──。

ホノルルの中心地から少し離れた閑静な住宅地に立つヴィンテージマンション。主を失った部屋には悲痛な鳴き声が響き渡る。松原千明さんが亡くなって1か月あまり。彼女が最後の時間を過ごしたマンションの一室には“残されたもの”がある。

「亡くなってからしばらく経ち、息子さんが頻繁に荷物を運び出しています。ただ、松原さんがかわいがっていた愛犬のボストンテリアはまだ部屋の中にいるみたいで……。時々、部屋の前を通ると悲しそうな声でクーン、クーンと鳴いているのが聞こえてきてね。

松原さんは家族として愛情をたっぷり注いでいたし、いつもワンちゃんと“2人っきり”でしたから……彼女がいなくなったことを理解できず、いまも“ママ”が帰ってくるのをずっと待っているんだと思います」(マンションの住人)

《松原千明さん ハワイで急死》──25年もハワイに住む松原さんが、10月8日に自宅マンションでひっそりと亡くなっていた─?本誌『女性セブン』2022年12月1日号で報じた彼女の死は衝撃をもって受け止められ、芸能界は騒然となった。

元夫の石田純一(68才)は11月16日に報道陣の取材に応じ、「もう少し、ぼくに力になれることがあったのではないかと後悔しています」と沈痛な面持ちで語った。沈黙が続く娘のすみれ(32才)はMCを務めるラジオ番組を2週にわたって欠席。憔悴が伝えられるなか、11月21日には若かりし頃の母の写真とともにインスタグラムを更新し、「I will love you forever」と思いをつづった。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」