平和維持部隊強化で一致 旧ソ連6カ国、結束乱れも

産経ニュース
ロシアのプーチン大統領(AP=共同)
ロシアのプーチン大統領(AP=共同)

旧ソ連6カ国で構成するロシア主導の集団安全保障条約機構(CSTO)首脳会議が23日、アルメニアのエレバンで開かれた。各国首脳はCSTO平和維持部隊の装備近代化で一致、ウクライナ侵攻で欧米との対立を深めるロシアのプーチン大統領は加盟国との軍事技術協力推進を表明した。

その一方でベラルーシのルカシェンコ大統領やカザフスタンのトカエフ大統領が軍事作戦の終結と停戦交渉再開を訴えるなど、侵攻長期化による結束の乱れも露呈した。

インタファクス通信によるとルカシェンコ氏は、ウクライナに軍事支援を続ける欧米を非難する一方、「流血を終わらせ和平交渉を始めるべきだ」と強調した。1月のカザフ反政府暴動の際、露軍主導の平和維持部隊派遣を受けて政治危機を乗り切ったトカエフ氏も「ウクライナでは和平の道を共同で探る時が来ている」と指摘、ロシアに交渉再開を促した。(共同)

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ

  5. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名