日本の劇的勝利にミナミでもサポーターら歓喜 ワールドカップ

産経ニュース
大阪・ミナミの繁華街で日本勝利に沸くサポーターら=24日午前0時26分、大阪市中央区(安元雄太撮影)
大阪・ミナミの繁華街で日本勝利に沸くサポーターら=24日午前0時26分、大阪市中央区(安元雄太撮影)

日本代表が初戦のドイツに逆転勝利を決めたサッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会。大阪・ミナミの道頓堀には多くのサポーターが集まり、大きな盛り上がりを見せた。過去の大会では興奮した人が道頓堀川へダイブするなど危険な場面もあったが、今回は警察官が厳しく目を光らせ、警戒に当たった。

23日深夜の劇的な勝利から日付が変わった午前0時すぎ、戎(えびす)橋(大阪市中央区)周辺には、日本代表の青いユニホームを着た若者らが集結。太鼓の音にあわせて「ニッポン」コールを合唱したり、ハイタッチをしたりして喜びを分かち合った。

2018年ロシア大会では、日本代表の試合日に戎橋から道頓堀川へ飛び込むサポーターもみられたが、今回は橋の欄干付近に警察官数人が立ち、警備を実施。周囲にも多くの警察官が配置され、ホイッスルや拡声器を使って「橋の上に立ち止まらないでください」などと誘導していた。

大阪・ミナミの繁華街で、日本勝利に沸くサポーター=24日午前0時12分、大阪市中央区(安元雄太撮影)
大阪・ミナミの繁華街で、日本勝利に沸くサポーター=24日午前0時12分、大阪市中央区(安元雄太撮影)

スポーツバーで試合を観戦していたという、大阪市西区の会社員、平田悠真さん(29)は「浅野(拓磨)の(勝ち越しを決めた)ゴールが最高だった」と笑顔を見せ、「日本代表にはベスト8を目指して、果敢に攻めるプレーをみせてほしい」とエールを送った。

一方、仕事帰りに戎橋を通りかかったという飲食業の女性(70)は、150人超が死亡した韓国ソウル・梨泰院(イテウォン)での雑踏事故を踏まえ、「二の舞いにならないか心配。せっかくの楽しい出来事が暗転してしまわないよう願っている」と不安げに話していた。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間