ウエブテストを替え玉受験 容疑で関電社員の男を逮捕、4千件以上と自称 女子大生も書類送検

産経ニュース
押収された参考書やパソコンなど=22日午前、警視庁丸の内署
押収された参考書やパソコンなど=22日午前、警視庁丸の内署

企業の採用試験のウエブテストを就職活動中の大学生に代わって受験する「替え玉受験」をしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、大阪市北区大淀南、関西電力社員、田中信人容疑者(28)を逮捕。依頼した東京都の大学4年の女子学生(22)についても同容疑で書類送検した。田中容疑者はツイッターで、約4年前から4千件以上を請け負ったと自称していた。ウエブテスト代行者らの摘発は全国初。いずれも容疑を認めているという。

逮捕容疑は、今年4月、就職活動中の女子学生の依頼を受け、クレジットカード会社のウエブテスト2科目の受験を代行したとしている。

サイバー犯罪対策課によると、田中容疑者はツイッターで「ウエブテスト代行します」などと集客。今年1~7月、同様のウエブテストの替え玉受験を就活生約300人から請け負っていたという。1科目2千円で計400万円の売り上げがあったとみている。

女子学生は、田中容疑者に23社の替え玉受験を依頼し、計10万円を支払ったという。調べに対し「ウエブテストを突破できず、不採用が続き、ツイッターで検索して依頼した」と供述しているという。

一方、田中容疑者は京都大院を修了し、関西電力本店(大阪市北区)に勤めていた。「小遣い稼ぎで始めた。就活生に感謝され、やりがいを感じていたが、今は反省している」と話している。

関西電力は「当社社員が逮捕されたことは大変遺憾であり重く受けている。今後、事実関係を確認の上で厳正に対処する」とのコメントを出した。

【主張】共通テスト不正 ネット頼らず地道に学べ

【偏西風】「受験がすべて」ゆえの暴発 迷いは「精鋭達」に尋ねよ 大阪社会部次長・宝田良平

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」