新たにベルトラン氏、ディッキー氏ら 米野球殿堂が候補者28人を発表

産経ニュース
メッツなどでプレーしたカルロス・ベルトラン氏(AP)
メッツなどでプレーしたカルロス・ベルトラン氏(AP)

米国野球殿堂は21日、2023年の殿堂入り候補者28人を発表し、メッツなどでプレーして通算435本塁打を放った両打ちの強打者カルロス・ベルトラン氏や、ナックルボールを武器に最優秀投手賞(サイ・ヤング賞)に輝いた右腕R・A・ディッキー氏、通算324セーブのヒューストン・ストリート氏ら14人が新たに加わった。

通算696本塁打のアレックス・ロドリゲス氏らは引き続き、候補に残っている。殿堂入りには全米野球記者協会に10年以上在籍する記者による投票で75%以上の得票が必要となる。結果は来年1月24日に発表される。(共同)

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」