ロッテ・加藤匠馬が200万円減でサイン 「来年は体制も変わる。貪欲にいきたい」

サンスポ
ロッテ・加藤匠馬
ロッテ・加藤匠馬

ロッテ・加藤匠馬捕手(30)が21日、千葉市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、200万円減の年俸1900万円でサインした。

若手育成のチーム方針もあり、今季は24試合の出場にとどまった。本塁打と打点はなく、打率・111。「来年は体制も変わるので、新しい目で見てもらえると思う。貪欲にいきたい」と力を込めた。

中日から2021年6月にトレードでロッテ移籍後、57試合に出場し、クライマックス・シリーズでも先発出場を果たした。「肩の強さを武器にこの世界に入ってきた。そこは変えずにやっていきたい」と前を見据えた。

自身もトレード移籍を経験し、今オフは古巣・中日が複数の交換トレードを成立させた。「必要とされて相手のチームに行くので、僕はとてもプラスだと思います。マイナスなイメージは全くないと思う」と明かした。

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」

  5. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ