祖国の反スカーフデモ弾圧に懸念 ワールドカップのイラン代表選手

産経ニュース
20日、カタール・ドーハで記者会見するサッカーW杯イラン代表のエフサン・ハジサフィ選手(AP=共同)
20日、カタール・ドーハで記者会見するサッカーW杯イラン代表のエフサン・ハジサフィ選手(AP=共同)

サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会に出場するイラン代表のエフサン・ハジサフィ選手が20日、ドーハ近郊で記者会見し、イランの反スカーフデモを巡って「国の状況が正しくなく、国民が幸せではないことを受け入れなければならない」と語り、デモ弾圧に懸念をにじませた。ロイター通信が伝えた。

イラン国内ではスカーフのかぶり方が不適切だとして拘束された女性が急死、これに抗議するデモが続いている。指導部は厳しい弾圧をしている。ハジサフィ選手は「イランの状況が国民の期待に沿うものになることを望む」と述べた。

イラン代表の選手らは9月の国際試合前の国歌斉唱時、ユニホームの上に黒い上着を着て、国旗をあしらった代表のバッジを隠したため、弾圧への抗議の意思を示したとみられていた。デモを巡っては現役のプロ選手も逮捕されている。選手らは11月中旬、首都テヘランで保守強硬派ライシ大統領と面会した際に、和やかに話す様子が報じられ、国民から非難された。(共同)

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」