亀田興毅氏がオーディション「リングにかけろ」を開催へ 合格者は「4月の試合から3戦ぐらいで世界戦も」

サンスポ
初開催のオーディションの成功を誓う目指す亀田興毅氏(左)と深町信治・実行委員長=21日、大阪市内
初開催のオーディションの成功を誓う目指す亀田興毅氏(左)と深町信治・実行委員長=21日、大阪市内

プロボクシング・イベント「3150(サイコー)FIGHT」をプロデュースする元世界3階級制覇王者の亀田興毅ファウンダー(創業者、36)が21日、大阪市内で会見し、同イベントの下部興行「3150FIGHT SURVIVAL」の出場選手を選考するオーディション「リングにかけろ」を開催すると発表した。

全国のプロボクサーが対象でランクや階級、男女を問わず公募。アンケートと動画による書類審査の1次選考からスパーリングによる2次選考を行い、合格者は来年4月開催予定の同興行に出場。結果を出し続ければ、さらに年内の2、3試合を経て再来年1月の「3150FIGHT」に出場できる。

オーディションの実行委員長に就任する深町信治ワタナベジム・マネージャー(42)は「リングに人生をかけてボクシングをやってもらいたい。うまくいけば、スターにもなれるし、(全国のボクサーたちが)一生懸命やっている姿を見せたい」とあいさつ。亀田ファウンダーは「みんなにチャンスを与えたい。勝ち上がれば、4月の試合から3戦ぐらいで世界戦ができるかもしれない」とアピールしている。

応募はインスタグラムの応募専用アカウントにDMで。締め切りは12月5日。年内に合格者を決定する予定。



  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ

  5. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」