強者たちのワールドカップ

死線からよみがえったデンマークのエリクセン、感謝を胸に挑む

産経ニュース
心停止状態から劇的復活したエリクセン(右)。デンマークは22日午後10時(日本時間)からチュニジアとの初戦に挑む=マンチェスター(ロイター)
心停止状態から劇的復活したエリクセン(右)。デンマークは22日午後10時(日本時間)からチュニジアとの初戦に挑む=マンチェスター(ロイター)

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に誰よりも感謝の思いを抱いて臨むのは、デンマークのエリクセンかもしれない。昨年6月に行われた欧州選手権の試合中に倒れて一時心停止となりながら一命を取りとめ、不屈の闘志でピッチに戻ってきた30歳。今年はデンマークが奇跡と語り継がれる欧州選手権制覇を成し遂げてから30周年の節目で、何かを起こしそうな気配を漂わせるチームを牽引する。

世界に衝撃が走ったのは、昨年6月にデンマークの首都コペンハーゲンで行われた欧州選手権1次リーグのデンマーク対フィンランド戦だった。前半途中に突然、意識を失ったエリクセンがピッチに倒れ込む。プライバシーを守るためにチームメートが取り囲む中で蘇生処置を受け、のちに意識を取り戻した。

植え込み型除細動器(ICD)の装着手術を受けると、今年2月にイングランド・プレミアリーグで公式戦に復帰。3月にはデンマーク代表に招集されて26日に行われたオランダとの国際親善試合でゴールを決め、2022~23年シーズンからは名門マンチェスター・ユナイテッドへ移籍して元気な姿をみせ続けている。

倒れていた間を「この世から離れていた」と振り返り、復帰を支えてくれた家族らに「私よりも大変な思いをした」と感謝する。恩返しの場の一つとなるのがW杯で、「ゴールはカタールW杯でプレーすることだ。医者からは何をしても問題ないといわれているし、代表でプレーできると証明したい」と力を込める。

エリクセンが生を受けた1992年、デンマークは内戦の影響で参加を禁じられたユーゴスラビアに代わって出場した欧州選手権を制した。最新の国際サッカー連盟(FIFA)ランクは10位と好位で、再び大仕事をやってのける予感はある。2010年W杯南アフリカ大会1次リーグの日本戦にも出場した名手は、頼もしい仲間とともに世界に挑む。(運動部 奥山次郎)

  1. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…

  5. 「殺害」も示唆 プーチン大統領の盟友が公然批判 要衝ヘルソン撤退でタブーだった批判が噴出 国内の権力闘争が激化する可能性も