虎のソナタ

思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

サンスポ

1986年12月、フロリダ州ハリウッドのホテルの会場で一緒に見ていた日本の球団の渉外担当者が教えてくれました。当時はア・リーグが東西各7、ナ・リーグが東西各6の計26チームでしたが、半数近くのチームが「パス」して十数人しか指名されませんでした。

このルール5ドラフトを参考にした「現役ドラフト」が今年12月9日に初開催されます。日米で大きく違うのは、日本では各球団が現役ドラフトの対象とする2人以上の選手リストを提出することと、各球団がそのリストから少なくとも1人は指名すること。日本では1巡目での「パス」がないので、必ず球団数以上の選手が新天地に移籍することになります。

FA資格を持っている選手、過去にFA権を行使した選手、複数年契約選手、来季の年俸が5000万円以上の選手はリストの対象外です。

いい選手がいないのではと思うかもしれませんが、2人以上のリストのうち1人に限っては年俸5000万円以上1億円未満の選手も対象選手とできることになっています。さらに、指名順位も、事前の「予備指名」で一番多くの球団から獲得希望を集めた選手をリストに挙げた球団が「本番」で最初に指名。選手を指名された球団が次に指名-を繰り返していくため、魅力的な選手をリストに挙げた球団ほど指名順が優位になります。

日本の記者でものぞけたルール5ドラフトと違って、現役ドラフトは非公開で行われます。12人以上の移籍が突然発表される12・9は、大きなインパクトを残す日になるはず。出場機会に恵まれない選手が出番をつかめる画期的な日になることを期待しています。

  1. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  2. 広瀬章人八段は4年ぶり竜王奪取ならず 藤井聡太竜王に敗れ「スコア以上に完敗だった」/将棋

  3. NHK大河「鎌倉殿の13人」12月4日OA第46話あらすじ 京で高まる鎌倉への不信感、北条家では泰時(坂口健太郎)が思い悩み…

  4. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間