「ボージョレ・ヌーボー」解禁、ネット「優しいベリーな感じでおいしい」と評価も…値上げに「もはや高級ワイン」

イザ!
解禁された「ボージョレ・ヌーボー」=東京都渋谷区(松井英幸撮影)
解禁された「ボージョレ・ヌーボー」=東京都渋谷区(松井英幸撮影)

フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が17日午前0時に解禁され、ネットでも大きな話題となっている。

ボージョレ・ヌーボーは、フランス、ブルゴーニュー地方のボージョレ地区で、その年に収穫された特定種のぶどうを素材に醸造した新酒。今年は輸送費の高騰や円安の影響を受けて大きく値上がりした。

「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー」ブランドを展開するサントリーでは、主力商品(750ミリリットル)「ボジョレー ヌーヴォー 2022 セレクション ド デュブッフ」の参考価格が前年比1・4倍の3850円(税込み)。375ミリリットルが同2・2倍の同3080円、上位の「ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス 2022」(750ミリリットル)は同1・6倍の同5500円となった。同社の担当者によると、今年の飲み口は、「果肉たっぷりの赤いベリーやイチゴの甘酸っぱいジャムを口いっぱいに含んだような味わい」という。

ネットでも話題となっており、「ボージョレ買ってくるわw」「ボージョレのみたい!!!」「最高のボージョレ解禁にしたいと思います」など解禁を喜ぶ声がズラリ。一方、値上げの影響で「今年は値上がりが…」「毎年何本か買うのですが…今年はボージョレ迷う」「今やボージョレも高級ワインだよ」といった声も寄せられた。

すでに飲んだという人もおり、ツイッターには「ぶどうの渋みはそこまで強くなく、ボディも軽く…優しいベリーな感じのテイストでおいしい」「今年のボージョレは史上最高だな!(毎年言ってるw)」「僕が飲んだボージョレはおいしかったよ」といった書き込みもあった。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  5. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」