400万円着服の職員免職 北海道砂川市

産経ニュース

北海道砂川市は17日、市税など現金約400万円を着服したとして、税務課の30代男性主任を懲戒免職処分したと発表した。主任は「ギャンブルや借金の返済にあてた」と着服を認めているという。処分は16日付。

市によると、令和2年12月~4年10月、税金を滞納していた市民から徴収した現金を着服していた。領収書の写しである領収証書を会計課に引き継がず、今年10月の定期監査で発覚した。職場には「(相手は)現時点で納付が難しいようだ」などと報告していた。

市は業務上横領容疑で刑事告訴し、返済を求める訴訟を起こす。上司3人も減給処分にした。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」