大谷翔平 CY賞4位も米記者称賛「自分より上位の3投手すべてから本塁打を放っている」

サンスポ
大谷翔平
大谷翔平

米大リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)が16日発表され、ア・リーグはアストロズのバーランダーが3度目の受賞を果たし、エンゼルスの大谷翔平は4位だった。ナ・リーグはマーリンズのアルカンタラが初受賞した。

同賞は、全米野球記者協会の会員30人が投票。投票の内訳の詳細も公表されバーランダーとアルカンタラはともに30人が1位票を投じた。大谷には9人が2位票を投じたほか、7人が3位、12人が4位、1人が5位で計82ポイントで4位。大谷はサイ・ヤング賞での得票は5年目で初めてだった。

大谷を上回ったのは210ポイントで1位のバーランダーのほか、97ポイントで2位のシース(ホワイトソックス)、87ポイントで3位のマノア(ブルージェイズ)の3投手。エ軍番記者のジェフ・フレッチャー氏は「オオタニはア・リーグサイヤング賞投票で4位に終わったが、自分より上位の3投手すべてから本塁打を打っている」と二刀流スターをたたえた。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大