ベテラン記者コラム(373)

最年少女王から最年少女王へ、〝残酷なバトンタッチ〟を演じた上田桃子よ、奮起せよ!

サンスポ
伊藤園レディスで、6連続の逃げ切り失敗となった上田桃子(左)。右は逆転優勝を決め、ギャラリーの拍手に応える山下美夢有
伊藤園レディスで、6連続の逃げ切り失敗となった上田桃子(左)。右は逆転優勝を決め、ギャラリーの拍手に応える山下美夢有

また勝てなかった。21歳の山下美夢有が、逆転優勝で史上最年少の年間女王を決めた女子ゴルフの「伊藤園レディス」。残酷なバトンタッチともいえる役回りを演じたのが、それまでの最年少女王の上田桃子だった。

最終日は単独首位から出た。同じ最終組には2打差で追う2位の山下がいた。強風が吹く難しいコンディション。上田も山下も我慢強くパーを重ねた。上田が12番(パー3)で初めてボギーを打ち、山下は15番(パー5)でこの日唯一のバーディー。岸部桃子を加えた3人が首位で並んだ。

会場のグレートアイランド倶楽部(千葉)のアーメンコーナーともいえる難関の上がり3ホールを残しての優勝争い。最初に脱落したのは上田だった。右ドッグレッグの16番(パー4)。ティーショットを右に大きく曲げた。2打目はベアグラウンドの左足下がりのライ。「球が上がるかどうかは分からなった。若干、一か八かになった」。前方の木の上からグリーンを狙ったギャンブルショットに失敗。4オン2パットのダブルボギーでの終戦だった。

ツアー通算17勝。その力は誰もが認める。プロ3年目の2007年には21歳で賞金女王となった。だが、今回で16度目だった最終日を首位で出た試合で優勝したのは5度だけ。勝率は31・25%。米ツアーメンバーで出場した2011年「ミズノクラシック」を最後に、これで6連続の逃げ切り失敗となった。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大