改憲、国民性で進まず? 自民議員、脱マスクと同じ

産経ニュース
務台俊介氏
務台俊介氏

自民党の務台俊介氏は17日の衆院憲法審査会で、憲法改正がこれまで実現されないのは日本人の国民性が影響しているとの見方を示した。政府が屋外での「脱マスク」を促しても、多くの国民は反応していないと指摘し「一度決めたことをなかなか変えないのは国民性とすら思う。改憲に関する意識も、ひょっとしたら同じではないか」と述べた。

務台氏は「完成度の高い憲法を持っているとの見方もあるかもしれないが、それも思い込みに過ぎないのかもしれない」とも語り、改憲議論を推進するよう訴えた。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大