除雪機器充実、朝晩運休も 強化策発表 JR北海道

産経ニュース
JR札沼線の豊ケ岡駅(JR北海道提供)
JR札沼線の豊ケ岡駅(JR北海道提供)

JR北海道は16日、2月に大雪で大規模運休した経験を踏まえ、除雪体制の強化策を発表した。除雪や観測の機器充実と夜間に作業時間を確保するための運休などが柱。

同社によると、除雪能力を向上させるため、排雪車などを令和6年度までに計12台更新・増備。千歳線など札幌近郊の計20駅には降雪カメラや積雪測定器を設置する。夜間の除雪作業時間を増やすため、来年1~2月、函館線、千歳線、札沼線(学園都市線)で土曜深夜と日曜早朝の列車計5本を運休する。

JR北海道では、記録的な降雪で2月6日から14日までダイヤが乱れたほか、同月21日は降雪で札幌駅発着の全列車が終日運休。23日から24日にかけ、新千歳空港で4千人以上が取り残された。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」