常温保存ができる画期的な「カモ井のおせち」を産経社員が食べてみた 冷蔵スペースの心配無用、個包装でいつでも気軽に

多彩な食材を詰め込んだ、カモ井一押しのおせちセット「葵」
多彩な食材を詰め込んだ、カモ井一押しのおせちセット「葵」

もういくつ寝ると…そう、お正月といえばおせち料理ですね。毎年この時期は、どこからおせちセットを取り寄せようかと頭を悩ませる読者も多いのではないでしょうか。産経ネットショップでは、特殊な調理法により、開封前まで常温で長期保存できるという「カモ井食品工業のおせち」が好評。しかも、今なら早期予約割引中で、11月末までに注文すれば通常価格より10%オフで購入が可能。その画期的なスタイルや気になる味を、産経デジタルの社員が試食して詳しくレポートします!

おせちは一般的に、年の初めに食べるお祝いの料理。カモ井のカタログによると、正月におせちを食べる理由は、神様を迎えている間は物音を立てて騒がしくせず、台所で煮炊きをすることを慎むことに由来しているそうです。

筆者は妻と2人の子供がいる4人家族ということで、今回は3~5人前の「葵」(通常価格税込10,800円→早割価格9,720円)を注文しました。23品を詰め込んだカモ井の一押しの商品で、産経ネットショップでも高い人気を誇るそうです。実際に商品が届くと、幅46センチ×奥行き27センチ×高さ7センチの箱からは、なかなかのボリューム感が伝わってきます。中には個包装された23品の食材がびっしりと入っています。

取り寄せタイプのおせちといえば、クール便やチルド便で届く要冷蔵・冷凍タイプが一般的ですが、カモ井のおせちセットは特殊製法により、開封前なら常温で長期保存できるのが特徴です。これは「新含気調理」と呼ばれる調理法で、パウチに入れた食材に不活性ガス(窒素ガス)を充填して密封したあと、段階的に加熱して調理と殺菌を行う手法。これにより殺菌時間が短縮され、風味を逃さず食感を保つことができるといいます。

筆者が10月下旬に受け取ったおせちの賞味期限は2023年1月31日。おせちは三が日に食べる方が多いかと思いますが、賞味期限にこれだけ余裕があればひとまず安心です。長期間の常温保存ができれば、冷蔵・冷凍商品にありがちな「冷蔵庫(冷凍室)がいっぱいで収まりきらない!」といった煩わしさからも解放されますよね。また、冷凍タイプのように「解凍まで時間がかかる」といった不便さもありません。

カモ井のもう一つの特徴は、一品ずつ個包装されていることです。一般的なおせちセットは重箱に盛り付け済みなので、一度開けたらなるべく早めに食べきる必要があります。一方、個包装なら食べたいものを食べたいときに開ける、といったことも可能。実際、我が家は4人家族ですが、6歳と4歳の子供たちはまだおせちを好んで食べないため、妻と2人で必要な分だけ開封して食べました。これなら、もうお腹いっぱいなのにもったいないから無理やり食べる、といった“無駄”からも解放されますよね。また、個包装なら大きな箱から取り出して保管することができるため、それほど場所も取りません。

ここまでは常温保存のメリットや、個包装の便利さを紹介しましたが、肝心の味のほうはどうでしょうか。やはり皆さん、年の初めはおいしいものを食べながら過ごしたいですよね!せっかく頼んだおせちがおいしくなければ台無しです。

筆者は今回、重箱は使用せず、食べたいものを平皿に並べてカジュアルなおせちを楽しみました。全体の彩りや盛り付け具合、肉・魚介・野菜のバランスなどはほとんど気にせず、妻といま食べたいものを適当に皿の上に開けていきます。それでも多彩な食材のおかげで、しっかりと「らしさ」は出ています!

皿の上にはざっと、手綱こんにゃく、とりつくね、ふきのうま煮、祝海老などが並びました。まずは竹の子から試食。シャキシャキとした歯ごたえと、竹の子の柔らかな風味を生かした薄めの味付けが印象的です。海老は身をかみしめたときに溢れ出る甘みが口中に広がり美味。常温保存できるおせちがやや不安だったという妻は「この豚の角煮、やわらかくておいしい」と笑顔。ほかの食材も試しながら「焼ほたてが一番好きかも。何個でもいける」と絶賛していました。

個人的には、自然な甘みが感じられた栗きんとん、翌日食べたあさりのうま煮、ご飯との相性も良さそうな宝喜子(ホキの魚卵)などがとても口に合いました。一番のヒットは、さつまいも黄金煮(レモン煮)でした。柔らかなさつまいもと水あめの甘さにレモンの酸味と皮の食感がマッチ。箸が止まりませんでした(笑)!「これはもう一袋欲しかった!」と思えるほどのおいしさでした。

今回試食した3~5人前の「葵」は、大人だけで食べても十分に満足のいく量だと思います。子供たちがもう少し大きくなったら、またみんなで食べてみたいですね。ちなみに産経ネットショップでは、1~2人前の食べきりサイズ「備前」(通常価格税込3,240円→早割価格2,916円)や「幸」(通常価格税込3,780円→早割価格3,402円)、イセエビの姿煮(ミナミイセエビ使用)が入った3~5人前の豪華セット「飛翔」(通常価格税込21,600円→早割価格19,440円)など、幅広い商品をラインアップ。一人おせちを楽しみたい人、ご家族や来客など多人数で豪勢なおせちを堪能したい人、それぞれにマッチしたおせちセットを取り扱っています。いまなら期間限定価格でお得感もたっぷり。しかも、5,000円以上のおせちなら送料無料(5,000円未満は送料一律500円)です。ぜひ産経ネットショップでチェックしてみてください!

カモ井食品工業のおせちセットは、11月30日23時59分までにご予約いただくと10%オフの価格でご購入いただけます。早期予約割引期間以降は、通常価格にて12月13日までご予約が可能。12月16日~20日頃に順次出荷いたします。配送日のご指定はできませんので、あらかじめご了承ください。

価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…

  3. 俳優の志垣太郎さんが3月に死去していた 70歳 急な体調不良による心不全で 長男が報告

  4. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  5. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…