「安全・安心な信州へ」 長野県民の警察官表彰式、2氏の胸に深紅の章

産経ニュース
県民の警察官章を胸につけた(左から)長野県警の志田元蔵警部補夫妻と近藤勲警部補夫妻=長野市(原田成樹撮影)
県民の警察官章を胸につけた(左から)長野県警の志田元蔵警部補夫妻と近藤勲警部補夫妻=長野市(原田成樹撮影)

地域社会の第一線で県民の生命や暮らしを守る警察官を表彰する「第66回長野県民の警察官」表彰式(主催・長野放送、後援・産経新聞社ほか)が15日、長野市のNBSホールで行われた。関係者が祝福する中、受章した岡谷警察署東部交番所長の志田元蔵(もとぞう)警部補(55)=地域部門=と、小諸警察署生活安全・刑事課刑事係長の近藤勲警部補(50)=専務部門=の胸に「県民の警察官章」が輝いた。

表彰式では、志田警部補と夫を支えてきた妻の和代さん(56)、近藤警部補と夫を支えてきた綾さん(47)の4人が、県警音楽隊が演奏したファンファーレと盛大な拍手に迎えられて登壇した。

主催者を代表し、長野放送の外山衆司社長は「お二人におかれては、今後も日々の仕事に邁進されるとともに、後輩職員の良き模範となっていただきたい」とあいさつ。続いて、銀と深紅に光る「県民の警察官章」が両警部補に贈られると、会場は大きな拍手に包まれた。

阿部守一知事の代理で出席した関昇一郎副知事は「これまで昼夜を分かたず長野県の治安維持に粉骨砕身して尽くしてこられたことに対し改めて敬意と感謝を申し上げる」とたたえ、小山巌県警本部長は「平素から警察活動に対する深いご理解とご協力を賜り、心から感謝申し上げる。受章は2人はもとより、県警察全職員にとっても大きな励みとなる」と述べた。露木康浩警察庁長官、山本和毅関東管区警察局長からも激励メッセージが寄せられた。

最後に受章者を代表して志田警部補が「この受章を契機としてこれからも県民の皆さまの期待と信頼に応えるべく、日本一安全・安心な信州を目指して、より一層職務に取り組んでまいりたいと決意を新たにしております」と謝辞を述べた。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」