日常的に“脳の疲れ”を感じる人は6割も 原因の2位は「仕事のストレス」、1位は?

ITメディア
「脳疲労と睡眠に関する調査」の結果は?(画像はイメージ、提供:写真AC)
「脳疲労と睡眠に関する調査」の結果は?(画像はイメージ、提供:写真AC)

第一工業製薬(京都市)は、「脳疲労と睡眠に関する調査」を実施した。その結果、脳疲労を感じる原因の1位は「睡眠時間」だった。

日常生活で脳疲労を感じている人は6割

まず、「日常生活で脳の疲労を感じることはあるか」と質問すると、「脳疲労を感じている」人が60.8%(非常に感じる9.2%、感じる20.6%、どちらかというと感じる31.0%の計)に上ることが分かった。

日常生活で脳の疲労を感じることはあるか(以下リリースより)
日常生活で脳の疲労を感じることはあるか(以下リリースより)

併せて「脳疲労を感じている」と回答した人にその原因を尋ねたところ、1位は「睡眠不足」(58.9%)だった。次いで、2位の「仕事のストレス」(45.1%)、3位の「対人関係のストレス」(39.5%)」と続いた。

脳疲労の原因は何だと思うか
  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大