発電所ケーブル盗んだ疑い カンボジアの男2人再逮捕

産経ニュース
前橋市大手町の群馬県警本部
前橋市大手町の群馬県警本部

群馬県警は14日、宮城県の太陽光発電所から長さ約5・8キロ(時価464万円相当)の送電用ケーブルを盗んだとして、窃盗の疑いで、いずれもカンボジア国籍で群馬県大泉町坂田の無職、ティー・ソティアラー容疑者(24)と、クイ・スレイオー容疑者(22)を再逮捕した。

再逮捕容疑は9月21~22日、宮城県蔵王町の発電所で、銅製のケーブルを盗んだとしている。県警によると、今年1~10月、県内の発電所でケーブル窃盗の被害が95件あった。被害総額は約1億円に上り、関連を調べている。

県警は9月、茨城県内の発電所のケーブルを盗んだとして2人を窃盗容疑で逮捕。前橋地検が10月、同罪で起訴していた。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」