立民2議員「寄稿記事で名誉毀損」、本紙に賠償命令

産経ニュース
東京地裁、高裁=千代田区霞が関(撮影・斎藤浩一)
東京地裁、高裁=千代田区霞が関(撮影・斎藤浩一)

森友学園に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題を巡り、産経新聞に掲載された作家の門田隆将氏の寄稿記事で名誉を毀損(きそん)されたとして、立憲民主党の小西洋之参院議員と杉尾秀哉参院議員が産経新聞社と門田氏に計880万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は9日、同社と門田氏に計220万円の賠償を命じた。

記事は令和2年10月25日付の産経新聞朝刊に掲載。改竄問題に絡み自殺した近畿財務局の元職員=当時(54)=に関し、両議員が「財務省に乗り込み、約1時間、職員をつるし上げている。当該職員の自殺はその翌日だった」などと記載していた。判決によると、自殺した元職員に両議員が面談を求めた事実はなかった。

判決理由で大嶋洋志裁判長は、一般読者の読み方を基準とすれば、つるし上げられた「職員」と自殺した「当該職員」は同一人物だと理解されるとし、「別人であると理解できる」との被告側の主張を退けた。

その上で、両議員がつるし上げによって元職員を自殺に追い込んだと受け止められる恐れがあると指摘。「国会議員としての社会的評価を低下させることは明らかだ」と結論づけた。

産経新聞社広報部の話「当社の主張が受け入れられなかったことは遺憾です。判決の内容を精査して今後の対応を検討します」

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ

  5. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」