出願や検索も最新AIで効率化 特許・情報フェア開幕

産経ニュース
会場にはAIを用いた最新システムが並び、来場者は説明を聞いたり、デモ機を操作したりしていた=9日(高橋俊一撮影)
会場にはAIを用いた最新システムが並び、来場者は説明を聞いたり、デモ機を操作したりしていた=9日(高橋俊一撮影)

国内最大級の特許・知的財産関連の専門見本市「第31回 2022特許・情報フェア&コンファレンス」(発明推進協会、日本特許情報機構、産経新聞社主催)が9日、東京・北の丸公園の科学技術館で開幕した。特許・情報関連サービス会社など85社・団体・機関が出展しているほか、最新の特許・知的財産に関する講演会やパネルディスカッションも開催される。

出展ブースでは特許の出願や権利化を収集するサービス会社や大手電機メーカーなどが最新システムを紹介。人工知能(AI)を用いて、国内外の特許や商標情報を検索・翻訳する最新のシステムが多数出品され、来場者は担当者から熱心に説明を聞いたり、デモ機を操作したりしていた。

知財情報サービスを提供するプロパティ(東京都新宿区)は複雑な特許分類作業をAIによって効率化するシステムを出展。5万件の分類が30分でできるといい、小川公人社長は「調査しにくい海外特許も人手をかけずに効率的に分類できる」とアピールした。

開催は11日まで。入場は無料だが、ホームページからの来場事前登録が必要。

詳細は特設サイトで。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月8日OA第89話あらすじ カレーを食べて浩太(高橋克典)との思い出を振り返る悠人(横山裕)

  2. 泉ピン子とえなりかずき共演NG 橋田寿賀子氏が怒りの暴露で…

  3. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」