ドーハ戦士からエール

吉田光範氏、ダブルボランチを組んだかつての相棒へ 森保監督は「いい仕事をやってくれるはず」

サンスポ
吉田光範さん(FC刈谷提供)
吉田光範さん(FC刈谷提供)

20日に開幕するW杯カタール大会で日本を率いる森保一監督(54)は、現役時代にW杯初出場を目前で逃した1993年10月28日の「ドーハの悲劇」を経験した。因縁の地で日本初の8強入りを目指す指揮官に、中盤でコンビを組んでいた吉田光範氏(60)がエールを送った。(取材構成・邨田直人)

29年前、「ドーハの悲劇」と呼ばれたイラクとのW杯予選最終戦。吉田は中盤で、森保とダブルボランチを組んだ。かつての相棒は日本代表監督として、再び因縁の地に乗り込む。「W杯は日本サッカーのお披露目の舞台であり検証の場。いい仕事をやってくれると思う」と期待を込めた。

1992年4月の静岡・浜松合宿。主力だった吉田は、主将の柱谷哲二と選手リストを確認していた。「森保一と書いてあった。〝森〟に〝保〟に〝一〟で、どこで区切っていいのやら。『もりやす・はじめ』と聞いて、2人であだ名をつけた」。これが「ポイチ」と呼ばれるようになった始まりだ。

最終予選を控えていたオフト監督は、マツダ時代に直接指導した森保を突破のキーマンと考えていた。目立った存在ではなかったが、吉田はすぐに光るものを感じた。その特長を「中盤の底で、11人がすっと収まるようなプレーをしていた」と表現する。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう