DeNA、片岡保幸臨時コーチが〝失敗のススメ〟 森敬斗らに4年連続盗塁王から金言

サンスポ
森敬斗(左)へ走塁指導する片岡保幸・臨時コーチ(撮影・斎藤浩一)
森敬斗(左)へ走塁指導する片岡保幸・臨時コーチ(撮影・斎藤浩一)

西武、巨人で活躍し、4年連続盗塁王にも輝いた片岡保幸氏(39)が8日、神奈川・横須賀市で行われたDeNAの秋季トレーニングに臨時コーチとして参加。3年目を終えた森敬斗内野手(20)ら若手に走塁技術を伝授した。

「ポテンシャルは高い選手が多いと感じた。でも話を聞くと(盗塁を)失敗するのが怖いみたいで、スタートすら試みないというのが多かった」

DeNAのチーム盗塁数は、昨季まで3年連続でリーグ最少。三浦監督が走塁面の向上を掲げ意識を高めた一方、今季も同5位の49とまだまだ伸びしろがある。現役時代に通算320盗塁をマークした片岡氏は盗塁を試みることで練習の成果や自身の技術を確認できるとし「答え合わせをするためにはスタートを切らないといけない。切る勇気はしっかり持とう」と伝えた。

「失敗しないと覚えない。自分もたくさん失敗して、それが財産になった」と説明。心構え以外にも、走塁時の手の使い方やベースの蹴り方などを指導した。

50メートル5秒8の俊足ながら今季5盗塁だった森は「いい時間になった。走れないともったいない。盗塁王を取りたいので(来季は)もっと走ってきたい」と刺激を受けた。9日も参加する片岡氏からの〝失敗のススメ〟を受け、森がDeNAに走塁革命を起こす。(湯浅大)

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  3. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  4. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン