野鳥の死骸から鳥インフル 香川・丸亀

産経ニュース

香川県は7日、同県丸亀市でコブハクチョウの死骸が1羽見つかり、簡易検査の結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。県は死骸を国立環境研究所(茨城県つくば市)に発送し、高病原性かどうかの遺伝子検査を行う。結果が出るには4日ほどかかる見通しという。

環境省は7日、死骸の回収地点から半径10キロの範囲を野鳥監視重点区域に指定した。県内では1日、観音寺市の養鶏所で高病原性鳥インフルエンザの感染が判明。鶏約4万羽を殺処分していた。

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」

  5. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ