野球日本代表の栗山監督「全て勝ちに行く」 5日から強化試合

産経ニュース
【プロ野球侍ジャパン公式練習】笑顔の侍ジャパン・栗山英樹監督=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
【プロ野球侍ジャパン公式練習】笑顔の侍ジャパン・栗山英樹監督=東京ドーム(撮影・水島啓輔)

野球日本代表は4日、5日の日本ハムとの強化試合へ、東京ドームで打撃練習や投内連係などで調整を行った。来年3月の第5回ワールド・ベースボール・クラシックへの本格始動で、トップチームの初陣となる栗山英樹監督は、記者会見で「練習を見ていると日本の野球のレベルが高い(と感じた)。みんなに出てもらいながら、全て勝ちにいく」と語った。

日本ハム戦に続き、6日にも東京ドームで巨人と、9、10日には札幌ドームでオーストラリア代表と強化試合を行う。栗山監督は「非常に大事な4試合。どういう形であろうと、勝ちながらすべての課題を消していく」と本職以外のポジションでも選手を起用する方針を示した。

この日のシートノックでは本業が三塁の岡本和(巨人)や二塁の牧(DeNA)が一塁を守るなど、複数ポジションを精力的にこなす姿がみられた。

4番が有力視されている村上(ヤクルト)は「どの打順でも任せられたら全うしたい。(一塁も)やれといわれたら、100%できるように頑張りたい」と意欲的だった。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大