アストロズがフィリーズ下し王手 バーランダー初勝利 米大リーグWS第5戦

産経ニュース
フィリーズに勝利し、タッチを交わすアストロズナイン=フィラデルフィア(共同)
フィリーズに勝利し、タッチを交わすアストロズナイン=フィラデルフィア(共同)

米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)第5戦が3日、フィラデルフィアで行われ、アストロズ(ア・リーグ)がフィリーズ(ナ・リーグ)に3―2で競り勝って3勝2敗とし、5年ぶり2度目の制覇まであと1勝とした。

アストロズは先発バーランダーが5回を投げ1失点で、ワールドシリーズ9度目の登板で初勝利を挙げた。

4日(日本時間5日)は試合がなく、第6戦は5日(同6日)にアストロズの本拠地ヒューストンに舞台を移して行われる。

■アストロズ・ベーカー監督の話「バーランダーは球数が増えたが、できるだけ長く投げさせた。彼がエース。引っ込めるのは難しい。(王手をかけ)投手が命運を握っている」

■フィリーズ・トムソン監督の話「打線が相手の投手陣にうまく抑えられ、好守にも阻まれた。終わりを迎えるまで、普段と同じようにしっかり準備して立ち向かっていくだけだ」(共同)

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」

  5. 母親が11歳娘に覚醒剤与えて交際相手とのわいせつ行為を撮影、立件した滋賀県警の執念