長野久義が巨人に移籍 広島からトレードで5年ぶりに古巣復帰

サンスポ
広島・長野久義
広島・長野久義

巨人は2日、広島・長野久義外野手(37)とのトレードが合意したと発表した。交換相手はいないとみられ、週明けにも正式に移籍手続きを行う。

長野は2018年オフにフリーエージェント(FA)で巨人に加入した丸佳浩外野手(33)の人的補償として広島へ移籍。5年ぶりの古巣復帰となる。今季は58試合に出場し、打率・211、3本塁打、15打点だった。

福岡・筑陽学園高から日大、ホンダを経て10年にドラフト1位で巨人入り。1年目に新人王に輝き、11年に首位打者、12年には最多安打のタイトルを獲得。11年から3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞に選ばれた。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」