塩野義、変異株対応「2価ワクチン」も準備 追加接種で使用

産経ニュース
記者会見する塩野義製薬の手代木功社長=31日午後、大阪市
記者会見する塩野義製薬の手代木功社長=31日午後、大阪市

塩野義製薬の手代木功社長は31日の決算記者会見で、年内の承認申請を目指す新型コロナウイルスワクチンについて、従来株に対応したワクチンで承認を得た後、オミクロン株と従来株の両方に対応した「2価ワクチン」の準備も進めると明らかにした。米ファイザー製と米モデルナ製の2価ワクチンは追加接種で使用が始まっている。塩野義製は副反応が少ないことが指摘されており、追加接種にも使えるようにする。

塩野義製は最終段階の臨床試験(治験)を進めている。手代木氏は「どんなに遅くても年内には承認申請したい。まずは(従来型に対応した)オリジナルで承認をいただきたい」と強調。「追加接種で使ってもらえるよう、変異株に対応したワクチン製造も準備している」と述べた。

ファイザー製などの2価ワクチンはすでに、9月下旬に高齢者らの4回目接種から始まり、12歳以上の3回目以降の接種でも使用されている。

一方、厚生労働省が7月に緊急承認を見送ったコロナの飲み薬「ゾコーバ」は最終段階の治験の結果を受けて審議される。手代木氏は「一日も早く提供できるよう当局と話しながら進めている」とした。

同日発表した令和4年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比3・9%増の1507億円、最終利益が7・8%増の572億円だった。ゾコーバなどコロナ関連の売上高計上は下期にずれ込んだが、通期で1100億円とする見通しは変えていない。(牛島要平)

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…

  5. 「殺害」も示唆 プーチン大統領の盟友が公然批判 要衝ヘルソン撤退でタブーだった批判が噴出 国内の権力闘争が激化する可能性も