スキー上村愛子さんが絵本出版 雪の大切さ訴える

産経ニュース
作画を担当した絵本を手に笑顔を見せる上村愛子さん(中央)=31日午後、東京都内
作画を担当した絵本を手に笑顔を見せる上村愛子さん(中央)=31日午後、東京都内

フリースタイルスキー女子モーグルで五輪5大会連続入賞の上村愛子さんが作画を担当した絵本「ゆきゆきだいすき」(小学館・1650円)が11月9日に出版される。地球温暖化による雪不足が問題となる中、資源としての雪の大切さなどを伝える内容で、10月31日に東京都内で記者会見した上村さんは「なぜ雪がなくなったら困るのかを、考えてもらう内容になったと思う」と語った。

上村さんの夫で元アルペンスキー選手の皆川賢太郎さんが会長を務め、環境問題などに取り組む「冬季産業再生機構」のプロジェクトの一つとして実施した。

上村さんは「自分の作画の力が全然ないところから、背中を押していただき、精いっぱい描いた」という。特に背景画が難しかったそうで、長野県白馬村の山々など「自分の中にある記憶を、絵に落としていけたらいいなと思って描いた」と振り返った。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大