初出場Vの20歳渡辺「実感湧かない」 フィギュアGPシリーズ第2戦で3種目制覇の日本勢一夜明け

産経ニュース
女子フリーの演技を終え、ガッツポーズする渡辺倫果=ミシソーガ(カナディアンプレス提供・AP=共同)
女子フリーの演技を終え、ガッツポーズする渡辺倫果=ミシソーガ(カナディアンプレス提供・AP=共同)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダで3種目制覇と大活躍した日本勢が一夜明けた30日、ミシソーガで取材に応じ、女子でGP初出場優勝を果たした20歳の渡辺倫果(法大)は「まだ信じられない。実感が湧かない」とほほ笑んだ。

男子で3度目の頂点に立った宇野昌磨(トヨタ自動車)は「日々成長していることを自覚するのが楽しい」と話した。第1戦のスケートアメリカに続き、2戦連続2位と健闘した17歳の三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)は「僕でも力を出し切れば通用することが分かった」と自信を深めた。

ペアで三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は日本人同士のコンビでGP初制覇を成し遂げ、木原が「成績を出せない期間も長かったし、つらかった思い出が多い。シンプルにうれしい」と声を弾ませた。日本勢は上位選手らによるエキシビションに出演した。(共同)

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」