韓国雑踏事故受け「心が痛む」 明石歩道橋事故の遺族が心境

産経ニュース
ソウルの繁華街・梨泰院で発生した事故で、多くの救急・消防隊員が集まり騒然とする現場周辺=30日(ロイター=共同)
ソウルの繁華街・梨泰院で発生した事故で、多くの救急・消防隊員が集まり騒然とする現場周辺=30日(ロイター=共同)

ハロウィンを前にした29日、雑踏で大勢の人が転倒し、150人以上の犠牲者が出た韓国・ソウルの事故。日本国内では平成13年7月、兵庫県明石市で開かれた花火大会の見物客が歩道橋上で転倒し、11人が死亡する事故が発生した。遺族の1人は、楽しいイベントで事故が繰り返された現実に心を痛めている。

明石市の事故で次男の智仁ちゃん=当時(2)=を亡くした遺族会会長の下村誠治さん(64)は30日、「細い路地に人が集まって『群衆雪崩』が発生し、歩道橋と同じように抜け道がない環境だったのだろう」と指摘。「日本だろうと韓国だろうと国に関係なく、群衆雪崩という言葉を聞くと心が痛む」と心境を明かした。

歩道橋事故後、ほかの遺族らとともに、事故原因の究明や再発防止活動に取り組んできた下村さん。日本でも全国各地でハロウィンイベントが開催されていることに触れ、「韓国でこうした事故が発生したことで、日本でも警察が警戒を強めるのではないか。(狭い路地など)危ない場所は事前に警備を強めてほしい」と警備態勢に言及。「参加する人も同様の事故が起きるかもしれないと頭において節度ある行動を心掛けてほしい」と訴えた。

さらに「ひとごとにはせず体を守ることを優先する行動が大切だ。新型コロナウイルスの影響も落ち着いてきて各地でもイベントが再開しつつある。楽しいイベントを続けていくためにも、事故が起きないよう行動してほしい」と呼びかけた。

明石市の歩道橋事故では11人が死亡し、247人が負傷。神戸地検は雑踏警備を担当した元兵庫県警明石署地域官ら5人を在宅起訴し、有罪が確定。地検が不起訴とした元副署長は全国で初めて強制起訴されたが、実質無罪の免訴判決が確定している。


今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. 立民・原口氏「帰ったら総辞職を」首相ウクライナ訪問

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間

  5. 鳩山元首相「子供じゃあるまいし」首相ウクライナ電撃訪問

今、あなたにオススメ