三浦佳生 6分間練習で靴紐が切れていた「構成を変えた」/フィギュア

サンスポ
男子フリーの演技をする三浦佳生=ミシソーガ(USA TODAY・ロイター=共同)
男子フリーの演技をする三浦佳生=ミシソーガ(USA TODAY・ロイター=共同)

ィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(29日=日本時間30日、カナダ・ミシソーガ)男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(24)=トヨタ自動車=が、183・17点をマーク。SPとの合計273・15点で逆転優勝した。GPシリーズ第1戦のスケートアメリカ2位で、SP首位の三浦佳生(かお、17)=オリエンタルバイオ/目黒日大高=は、171・23点、合計265・29点で2位。GPシリーズ2戦連続で表彰台に立った。

三浦は演技後の会見で、6分間練習の際に右靴の紐が切れ、演技構成をやむなく変えるアクシデントに見舞われていたことを明かし「4回転ループジャンプの練習が(6分間練習で)できていなかったので、ぶっつけ本番は嫌でやめた。右足の紐が切れてからも靴が柔らかくなってしまったので、構成を変えた」と明かした。アクシデントはあったものの2戦連続で2位となり、GPファイナル出場が見えてきたことを問われると「(この結果は)全く予想していませんでした。頑張って表彰台に乗れたらと思っていた。アメリカで2位になったので、頑張ればワンチャンぐらいの思いで来たが、この大会で2位になるのは予想外だった。もし自分が(ファイナルに)行けるとなったら、万全のコンディションで自分の力を出し切れるように頑張りたい」と意気込みを口にした。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  5. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」