GP初優勝の渡辺倫果 趣味はダイオウグソクムシのフィギュア収集

サンスポ
渡辺倫果
渡辺倫果

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(29日、カナダ・ミシソーガ)女子フリーが行われ、SP6位の渡辺倫果(20)=法大=が、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷するなどしてフリー134・32点、合計197・59点で優勝した。今季休養を発表した樋口新葉に代わり出場が決まり、今大会がGPデビュー戦。SPの上位選手に軒並みミスが出たことも追い風となったが、デビュー戦での優勝に「初めてのGPで優勝できてただただうれしいし、(次戦の)NHKではまた自分ができる最大限の演技ができるように、あと3週間で頑張りたい」と振り返った。

また、会見ではアニメ観賞やダイオウグソクムシのフィギュア収集が趣味であることを明かし「中学ぐらいの時に水族館で(ダイオウグソクムシを)見て、6年間断食していても生きられると聞いてコレクションしている。オフのときにダイオウグソクムシが展示されている水族館に行ったりして、いいリフレッシュという意味では(スケートに)生きているかもしれない」と話し、会見場が笑いに包まれた。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大