全日本新体操は喜田純が2種目でV

産経ニュース
女子個人種目別 ボールで優勝した喜田純鈴=高崎アリーナ
女子個人種目別 ボールで優勝した喜田純鈴=高崎アリーナ

新体操の全日本選手権第3日は29日、群馬県の高崎アリーナで行われ、種目別決勝で女子は個人総合覇者の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)がフープを32・250点、ボールを29・050点で制した。フープは妹の喜田未来乃(エンジェルRG・カガワ日中)が2位、鈴木菜巴(兵庫大須磨ノ浦高)が3位。ボールは鈴木が2位、喜田未が3位だった。

男子は個人総合王者の堀孝輔(高田RG)がリング、大村光星(花園大)がスティックで頂点に立った。

女子団体のフープは国士舘大が29・950点で勝った。

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大