喜田純、2年ぶり4度目V 全日本新体操第2日

産経ニュース
喜田純鈴=東京体育館
喜田純鈴=東京体育館

新体操の全日本選手権第2日は28日、群馬県の高崎アリーナで行われ、女子個人総合は後半のクラブとリボンを演技し、東京五輪代表の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)が4種目合計122・950点で2年ぶり4度目の優勝を果たした。昨年覇者の山田愛乃(イオン)が114・900点で2位だった。

男子個人総合は後半のロープとクラブを実施し、堀孝輔(高田RG)が4種目合計72・375点で2連覇した。

女子団体総合は後半のリボン・ボールを実施し、前半のフープでトップだった東女体大が合計54・650点で逃げ切り、6年ぶりの優勝を果たした。東女体大は来夏の世界ユニバーシティー大会(成都=中国)代表に決まった。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間