ダ埼玉の逆襲・うどん編

「おっきりこみうどん」田舎うどんわたなべ ワンコイン提供

産経ニュース
「田舎うどんわたなべ」の人気の一品で秩父地方の名物「おっきりこみうどん」=9月29日午後、埼玉県秩父市(兼松康撮影)
「田舎うどんわたなべ」の人気の一品で秩父地方の名物「おっきりこみうどん」=9月29日午後、埼玉県秩父市(兼松康撮影)

「秩父地方の昔からの家庭料理。夏場には熱いけれど、好きな人は通年で食べる。だからうちでも年間を通して出しているんです」

埼玉県秩父市の西武鉄道西武秩父駅や秩父鉄道御花畑駅にほど近い「田舎うどんわたなべ」の店主、渡辺喜明さん(73)が説明するのが、この地方の名物「おっきりこみうどん」だ。麺の生地に包丁で入れる「切り込み」から名付けられたといわれ、県北部のほか、群馬県にも伝わる。秩父地方で年間を通じて出す店は多くないという。

通年で「おっきりこみうどん」を提供している「田舎うどんわたなべ」=9月29日午後、埼玉県秩父市(兼松康撮影)
通年で「おっきりこみうどん」を提供している「田舎うどんわたなべ」=9月29日午後、埼玉県秩父市(兼松康撮影)

もともと「家にある野菜をたくさん入れ、量を増やして食べる料理」と渡辺さん。店ではイモ類、ニンジン、ハクサイ、長ネギを中心に、季節によって小松菜やキノコ類などを入れ、かつおだしでうどんを入れて9分煮込む。一般におっきりこみうどんは幅が広い麺の場合が多いが、渡辺さんは通常のうどんと同じ麺を使う。麺に粉がついたまま煮込むため、スープが白くなっているのが特徴的だ。

麺を打つ際、渡辺さんが長年愛用しているのが、母ユキ子さんの形見の麺棒。生地を最初に伸ばす際に「軽くて使い勝手がいい」と使い続ける宝物だ。

母の形見で今も使い続ける麺棒を見せる店主の渡辺喜明さん=9月29日午後、埼玉県秩父市(兼松康撮影)

驚くのはうどんの値段。ワンコインにこだわり、平成22年12月の開店以来、500円で提供を続けている。観光客も多いが「一人で切り盛りしているため、煮込む時間も含めて多少待たされても、この値段ならと思ってもらえているのかも」と謙遜するが、観光の際に同店に寄ったことをきっかけに、後に常連になった客もいるほどの人気だ。

西武鉄道に定年まで勤めた後、一念発起してのうどん店経営。おっきりこみうどんだけでなく、「たらし焼きやみそポテトなども人気」といい、秩父の味を広く紹介している。近年は他の飲食店と同様、新型コロナウイルス感染拡大の影響に苦しむが「四季折々の景色が楽しめる秩父にお越しいただき、うどん屋にも足を運んでもらえたら」と渡辺さん。閉店するまでワンコインを変えるつもりはないといい、その誇りで秩父名物をこれからも支えるつもりだ。(兼松康)

田舎うどんわたなべ

住所:秩父市野坂町1の1の15

電話:090・9381・3006

観光メモ 秩父市には紅葉の見どころが多く、これからシーズンを迎える。秩父ミューズパークのイチョウ並木は今月下旬が例年ピーク。11月に入れば、大血川渓谷、滝川渓谷、三峰山周辺などで山々が見事に色付く。ただし中津峡は土砂崩れによる通行止めの影響で訪れられないため、注意が必要だ。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…

  5. 「殺害」も示唆 プーチン大統領の盟友が公然批判 要衝ヘルソン撤退でタブーだった批判が噴出 国内の権力闘争が激化する可能性も