東証続伸、1カ月ぶり高値 米利上げ幅緩和期待で買い

産経ニュース
東京証券取引所=東京都中央区(鴨志田拓海撮影)
東京証券取引所=東京都中央区(鴨志田拓海撮影)

26日の東京株式市場の日経平均株価は3日続伸した。終値は前日比181円56銭高の2万7431円84銭で、約1カ月ぶりの高値を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)が追加利上げペースを緩めるとの見方から景気後退への懸念がいったん和らぎ、買い注文が膨らんだ。

東証株価指数(TOPIX)は11・07ポイント高の1918・21。出来高は約10億4400万株。

25日の米ダウ工業株30種平均は3営業日続伸した。10月の米消費者信頼感指数が市場予想を下回ったことを受け、FRBが12月以降に利上げペースを緩めるとの見方から米長期金利が低下。ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸した。

26日の東京市場でもこの流れを引き継ぎ、朝方から幅広い銘柄で買いが先行した。国内企業業績が比較的堅調に推移していることも投資家心理の支えとなり、平均株価は300円超上昇する場面もあった。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間