立共トップ非難応酬 泉氏「やり合ってない」と理屈

産経ニュース
共産党の志位和夫委員長(右)と立憲民主党の泉健太代表=8月、国会内(矢島康弘撮影)
共産党の志位和夫委員長(右)と立憲民主党の泉健太代表=8月、国会内(矢島康弘撮影)

立憲民主党の泉健太代表と共産党の志位和夫委員長が憲法改正をめぐりツイッター上で相互批判を繰り広げ、野党内に波紋を広げている。

発端は21日だった。泉氏が講演で、改憲について「(国会の)憲法審査会で議論すればよい」と発言し、日本維新の会との考え方の違いについて「そんなに差があってないようなもの」との認識を表明。これに志位氏が反発し、ツイッターで「憲法で維新と協力の余地があると考えているならば、とんでもない考え違い」と泉氏を批判した。

泉氏もツイッターで志位氏に反応。「協力の余地ありとは一言も言っていない。見当違いな認識と批判」と指摘し、「異論は許さないという考え方こそ改められては」と反撃した。

泉氏は25日、この「やり合い」について記者団に問われ「それぞれが発信したのであって、やり合ってはない」と否定。「やり合うというのは、何かやり取りが続くこと。別に、1回ずつ発信しただけだ」と理屈をこねた。

立民と共産は先の参院選でも選挙協力したばかり。ある立民幹部は「共産にはお世話になっているんだから…」と苦言を呈した。(大橋拓史)

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間