出産一時金、来年度から47万円へ 自民・茂木幹事長

産経ニュース
講演する自民党の茂木幹事長=24日午後、東京都港区の共同通信社
講演する自民党の茂木幹事長=24日午後、東京都港区の共同通信社

自民党の茂木敏充幹事長は24日、東京都内で講演し、出産時に公的医療保険から支払われる出産育児一時金を来年度から47万円に引き上げる方針を明らかにした。一時金は現在、原則42万円が支給されているが、都市部では出産費用をまかなえない例が多く、岸田文雄首相は大幅な増額を表明していた。

茂木氏は「42万円が47万円になって『大幅』といえるかはいろんな捉え方があるが、妊娠から出産、子育てまで切れ目のない支援策を進めたい」と強調。「新型コロナウイルスの次に日本が直面する大きな壁は少子化だ。それに対する準備を今から始めなければならない」とも語った。

一時金の財源は主に国民健康保険や健康保険組合などの保険料が原資で、後期高齢者医療制度に入る75歳以上の高齢者の負担は原則ない。政府は、こうした現状も踏まえ、75歳以上にも負担を求めることを検討している。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」