第5戦前・一問一答

ダルビッシュ有「いつも通りやっていくだけ」

サンスポ
パドレスのダルビッシュ有投手は、ナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦の先発投手会見に臨んだ(撮影・山田結軌)
パドレスのダルビッシュ有投手は、ナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦の先発投手会見に臨んだ(撮影・山田結軌)

米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手(36)は22日(日本時間23日)、ナ・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制、対フィリーズ)が行われる米ペンシルベニア州フィラデルフィアで第5戦に向けた公式会見に臨んだ。会見での主なやり取りは以下。

(米メディア)

――フィラデルフィアの球場は良い成績(4試合先発・25回1/3回投球、防御率1.42を残しているが

「でも自分としてはそんなに、めちゃくちゃ良いピッチングをしているという印象はそこまでないので、その数字はびっくりしていますけど」

――2度連続で同じ相手と対戦するときの鍵

「すごく難しいところで(第1戦は)負けはしましたけど、良い投球はしていたと思う。そこを踏まえて打者の僕に対するアプローチをもう一回ちゃんと見て、プランを変えるなりとかそうしていく必要がある」

――プレーオフの連戦続くが勝利には何が大事か

「他の試合と同じようにしっかり準備をする。それは相手チームも同じだと思いますけど、そこは勝つか負けるか、けっこう運なところもあると思う。何が大事かというかは正直、わからないけど、いつも通りやっていくだけ」

(日本メディア)

――きょうの試合結果によってあすの試合の意味合いもかわると思うが気持ちの入り方は

「変わらないですね。別にきょう勝とうが負けようが、自分のできることは全く変わらないことなので。あまりそこは考えていないです」

――ポストシーズンに入り体力的にも疲れはあると思がどう集中するか

パドレスのダルビッシュ有投手は第5戦の先発に備え、登板前日のルーティーンであるブルペンでのシャドーピッチングとイメージトレーニングを行った。手にはタブレット端末とノート(撮影・山田結軌)

「いやなんか、前回ぐらいから元気になってきちゃってちょっと(笑)。疲れていたのが9月くらいだったと思うんですね自分の中で。で、だんだん(疲れが)抜けてきて。今は状態が良くなっている。案外、フィジカル的なところの心配はしていないです」

――中4日の調整できのうブルペン入ったが、ブルペンに入った理由と体力回復のためにやったこと

「きのう(ブルペンに)入ったのは、だからたぶん、元気だからですね。元気じゃないときはやめちゃおうかな、とかになる。割と元気だからポジティプになるというか試合もアグレッシブになるというかそういう傾向がある。プラス、このフィラデルフィアの気候の中でマウンドから投げたかった。でも、ケアとしてはいつも通り自分のトレーナーさんがいつものようにマッサージしてくださるので、そういうところはすごく大きいのかなと思います」

――相手先発は第1戦と同じウィラー。第1戦は打線が1安打を抑えられたがプレッシャーは

「点とらせてほしいなっていう感じですね、早めに。すごく良い投手ですし、(ウィーラーは)一人、積んでいるエンジンが違う投手だなって昔からずっと思っていましたし、ピッチングでもすごくな好きな投手でもあるので。パドレス相手に相性もいいから、序盤に3、4点くらいくれないかなと思います」


  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」

  5. 母親が11歳娘に覚醒剤与えて交際相手とのわいせつ行為を撮影、立件した滋賀県警の執念