ヤンキースが2勝2敗のタイに ガーディアンズ下す ア地区シリーズ第4戦

産経ニュース
ガーディアンズ戦に先発したヤンキースのコール=クリーブランド(AP=共同)
ガーディアンズ戦に先発したヤンキースのコール=クリーブランド(AP=共同)

米大リーグのプレーオフは16日、クリーブランドで地区シリーズ(5回戦制)のア・リーグ第4戦が行われ、序盤に3点を先行したヤンキースが、先発コールの7回110球の力投もあってガーディアンズの反撃を2点に抑え、4―2で下して2勝2敗に持ち込んだ。

第5戦は17日(日本時間18日)にヤンキースの本拠地ニューヨークで行われ、勝者がアストロズとのリーグ優勝決定シリーズに進む。

ヤンキース・ブーン監督の話「チームにとってもコールにとっても重要な先発だったし、大舞台での活躍で本拠地に帰ることができる。(九回に救援した)ペラルタも素晴らしかった」

ガーディアンズ・フランコナ監督の話「ニューヨークで第5戦を戦うことに興奮している。(第5戦に先発の)シベルには思う存分に投げてくれと言った。彼なら大丈夫だ」(共同)

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」

  5. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ