NHK朝ドラ「舞いあがれ!」スミちゃんの死で舞(浅田芭路)の優しさ話題 「うさぎ殺し」トレンド入りに「パワーワードすぎる」

イザ!
(左から)岩倉舞(浅田芭路)、望月久留美(大野さき)。(C)NHK
(左から)岩倉舞(浅田芭路)、望月久留美(大野さき)。(C)NHK

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」の第11話が17日、放送され、主人公の岩倉舞(浅田芭路)がかわいがっていた学校のウサギが死んでいたというシーンがネットで話題になった。ツイッターでは「望月さん」「スミちゃん」「うさぎ殺し」といったワードがトレンドに入り、視聴者からさまざまな感想が寄せられた。

大阪府東大阪市と長崎県の五島列島を舞台に、町工場で生まれた舞がパイロットに憧れ、空を目指す物語。主演を女優の福原遥が務める。1994年、原因不明の発熱に悩み、その療養のため、母の故郷である五島で暮らしていた舞。祖母、才津祥子(高畑淳子)との2人暮らしで、舞は精神的に成長し、内気で引っ込み思案な性格も克服し、熱もでなくなった。

ドラマはこの日から第3週「がんばれ!お父ちゃん」(第11~15話)がスタート。父、母、兄が暮らす東大阪へ戻ってきた舞の新しい生活が始まった。舞は、久しぶりに元いた小学校に登校。かわいがっていたウサギのスミちゃんの様子を見にウサギ小屋に向かった舞だったが、そこにスミちゃんの姿はなかった。クラスメイトで、同じ飼育係の望月久留美(大野さき)から、スミちゃんが死んでしまったことを聞かされた舞。夏休みの暑い日、心配した久留美が家に連れて帰ると、翌朝、スミちゃんは死んでいたという。

この件をきっかけに、久留美はクラスで仲間外れにされ、女子たちから「ウサギ殺し」と呼ばれていた。翌日、学校を休んだ久留美。舞は心配し、学校帰りに久留美の家に寄り、ウサギは急に死ぬことがあると説明して、彼女を励ました。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月1日OA第84話あらすじ 相手の母親に土下座した父を情けないという久留美(山下美月)、貴司(赤楚衛二)は…

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  3. 【列島エイリアンズ】ザル検疫編(2) 未接種、陽性者でも入国できる日本のザルっぷり 堀江貴文氏「ウンコみたいな無駄紙」1人で複数の健康カードを入手した外国人も

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. 「星降る夜に」1月31日OA第3話あらすじ 鈴(吉高由里子)に触れようとする深夜(ディーン・フジオカ)、2人の姿を一星(北村匠海)が目撃し…