オリックス、余裕の1敗 中嶋監督、日本Sへの重圧?「全然ない。いつも通り」

サンスポ
六回、宗の右前打で一走・福田は三塁を狙ったが、柳田の強肩に負けた(撮影・安部光翁)
六回、宗の右前打で一走・福田は三塁を狙ったが、柳田の強肩に負けた(撮影・安部光翁)

(パ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦、オリックス0-3ソフトバンク、オリックス3勝1敗、14日、京セラ)一気に日本シリーズ進出とはならなかった。オリックスは千賀を打ち崩せず、零封負け。王手をかけている日本一への挑戦権獲得を前に足踏みとなったが、中嶋監督は前を向いた。

九回、戦況を見守る中嶋監督。打線のつながりに手応えを感じながらの敗戦だった
九回、戦況を見守る中嶋監督。打線のつながりに手応えを感じながらの敗戦だった

「(千賀の状態は)よかったですよね。でも、(打線の)とらえ方としてはまあまあよかったのかな、と思いますけどね」

最速161キロにスライダー、代名詞のフォークを駆使する右腕を前に3安打。ただ、安打性の打球は多く、七回2死一塁で宗の右前打で三塁を狙った一走・福田が柳田の送球に阻まれるなど、相手の好守備に阻まれるシーンも目立った。

千賀が降板後の七回1死一塁では西野が右翼越えの二塁打。二、三塁の好機で杉本は三ゴロ、頓宮は遊飛と得点につながらなかったが、指揮官は「結局、点を取れなかったですけど、そういう形にしているのはいいことかなと思いますし、続けていって、どこかで(点が)入るのがいいのかなと思います」と一定の手応えを口にした。

先発の田嶋は一回に無死二塁から投前犠打を処理した際、一塁に悪送球。適失で先取点を与える形となったが、将は「三塁を見なくてよかったのかなと思う。あのままパッと一塁に投げていればまた違った展開になったのかな、と思う。振り返っても仕方がない。これから先、そういうことがないようにすればいい」と責めることはなかった。

CS突破へ王手をかけて選手が重圧を感じていたか、と問われた際には「全然ないでしょ。ないです。全然、普通にいつも通りやっている」と否定した。

この日の敗戦で3勝1敗となったが、オリックス優位には変わりない。第4戦を勝利し、セ・リーグ代表のヤクルトに昨年のリベンジを果たす。(西垣戸理大)

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」