「silent」川口春奈が手話を練習する姿に反響続々「想くんの距離がぐっと縮まるシーンですね」「このシーン感動しました」

イザ!
川口春奈
川口春奈

現在放送中の連続ドラマ「silent」(フジテレビ系)の公式インスタグラムで14日に公開された川口春奈の手話を練習する様子がネットで話題になっている。

川口演じるヒロイン青羽紬が、本気で愛していたかつての恋人、佐倉想(目黒蓮)と8年の月日を経て偶然再会し、そこに待ち受けていた現実と向き合いながらも寄り添い、乗り越えようとする姿を描くラブストーリー。川口は、高校時代に付き合っていた想が大学進学後に理由も言わず一方的に別れを告げて姿を消し、のちに若年発症型両側性感音難聴を患っていたことを知る紬役を好演している。

第1話(6日放送)のラストで、紬は想と8年ぶりに再会。第2話(13日放送)で、耳が聞こえない想とコミュニケーションを取るため、紬は、手話を習うことを決意した。この日公開された動画は、第2話で紬が「会って話したい」と想をカフェに誘い、習いたての手話を披露するシーン。この場面で想が、話した言葉を文字に変換する音声認識アプリを開いて紬の前にスマートフォンを置くと、紬は首を横に振り、たどたどしい手話で「私の名前は青羽紬です」「私の誕生日は4月28日です」などと自己紹介した。これらに想は手話で「知ってる」と返事。すでに知っていることを一生懸命に手話で伝えようとする紬の姿を見て思わず笑った。紬と会話ができなくなる現実に耐え切れずに姿を消し、再会後も紬と会うことに消極的で笑顔を見せなかった想が、ようやく紬の前で和やかな表情を見せ始める感動的なシーンだった。

インスタグラムでは「撮影の合間に手話の練習をする #川口春奈さんです」とのコメントとともに、カフェの中で「あ・お・ば・つ・む・ぎ」と自己紹介のシーンを練習する川口の動画を公開。リプ欄にはフォロワーから「このシーン感動しました」「紬ちゃんと想くんの距離がぐっと縮まるシーンですね」「2人の距離感が少しずつ前のように戻った気がして泣けました」「紬ちゃんが頑張って手話する姿ほっこりしました」「名前を伝えることがこんなに泣けるシーン」「想くんの顔がだんだん優しくなっていくところも含め、本当に細かく丁寧に作られている作品だなぁと心から感動しています」などのコメントが寄せられた。

手話に挑戦する川口には「セリフに手話に覚えるの大変ですね」「春奈ちゃんも目黒くんも感情を入れながらの手話シーン、とても良かったです」などと感心の声が続々。そのほか「二人の心が通う温かい涙に泣けてきました」「紬が手話ペラペラになる日が楽しみで仕方ない」といった書き込みもあった。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう