鉄道開業150年

変わる東京駅㊦ 技術の粋「首都の顔」復活 創建とほぼ同材料 最新設備で進化

産経ニュース
横の長さが335メートルにも及ぶ東京駅丸の内駅舎(三尾郁恵撮影)
横の長さが335メートルにも及ぶ東京駅丸の内駅舎(三尾郁恵撮影)

大正3(1914)年開業の東京駅は各方面への旅客ターミナル機能を一元的に担い、名実ともに「首都・東京の顔」となる。だが、「赤レンガ駅舎」として知られる丸の内駅舎は先の大戦で炎上、戦後に不完全な形状で復旧された。長らく停滞していた復原(ふくげん)計画が動き出し、駅舎が往時の姿を取り戻したのは、ちょうど10年前の平成24(2012)年10月だった。文化的価値に持続性を融合させた駅舎。その再生に向けた道のりとは-。

皇居の東に位置する東京駅。南北の屋根に直径約20メートルのドームがそびえたち、外壁に赤レンガが施された3階建て長さ335メートルもの巨大な威容に圧倒される。

駅舎内側からドームを見上げると、天井や壁はしっくい塗りで温かみのある黄卵(おうらん)色の濃淡によるコントラストを演出。周囲はぐるりとワシの彫刻8羽が並び、壁には全てでないものの各方位に該当する干支(えと)のレリーフが配置され、目を楽しませてくれる。

現在の駅舎は竣工(しゅんこう)時の姿に復原されたものだ。当初の駅舎は昭和20年の東京大空襲でドームや屋根が焼け落ちた。戦後すぐに復旧されたが、3階部分は撤去され2階建てに、ドームは八角形で施工された。早期復旧を優先した応急的な措置とされるが、完全復旧に向けた議論の本格化は半世紀以上も待つことになる。

JR東日本によると、その間、旧国鉄時代から駅舎の建て替えや高層化も含めた議論がなされ、民営化後も「さまざまな検討や調整を進めてきた」という。

石原慎太郎都知事とJR東の松田昌士(まさたけ)社長(いずれも当時)が「首都・東京の『顔』にふさわしい景観整備」などを目指し、駅舎を当初の姿に戻すことで基本合意したのは平成11年。国の法整備による後押しもあった中で検討が重ねられ、14年に計画が発表された。総事業費500億円の一大プロジェクトとなった。

19年に始まった工事の目的は駅舎の復原に加え、建物の耐震化だ。作業は困難を極め、さらに着工前の15年に丸の内駅舎が国の重要文化財に指定されたため、基本的に当初の材料を用いて修復し、既存建物を傷つけないことが求められた。

現場の工事長として携わった鹿島の小吹教雄さん(56)らによると、特にドームの再建は骨が折れた。現場の真下は多くの利用者が行き交う通路で、作業は準備や片付けを含めて影響のない営業時間外の午前1~4時に限られた。

東京駅丸の内駅舎のドームを内側から見上げると、高級感漂う黄卵色のしっくい塗りの濃淡によるコントラストを楽しめる(三尾郁恵撮影)

駅舎の屋根工事では、修理のために取り外した天然スレート材を、産地の宮城県の修理業者に送った際、東日本大震災の津波被害に遭った。流出分のうち約4万5000枚を業者らが探索、回収。不足分は近隣産のものを調達したという。

また、地下にはマツのくい約1万1000本が埋め込まれ駅舎を支えていた。これこそが大正12年の関東大震災にも、びくともしなかった理由だ。現在の耐震基準には満たないため全てのマツを撤去し、揺れを吸収する特殊ゴムを使った免震装置などを多数設置した。

「当時の職人の技術に接し、そのレベルの高さに感動した」。小吹さんは畏敬の念を示した上で「私たちも(駅舎が)永遠に持つようにつくった」と語った。

こうして5年半の長期にわたる作業の末、現代の最新技術に支えられた歴史的建造物が〝誕生〟した。

JR東日本の百瀬孝東京駅長(JR東日本提供)

現在の東京駅は八重洲口側、地下を含め、ホテルやオフィス、商業施設など、さまざまな機能が集約。周辺エリアとの一体的な街としての価値向上も進む。もはや東京駅は単なる移動の通過点にとどまらない。

祖父も父も駅長として東京駅を見守ったJR東の百瀬孝東京駅長(59)は「将来にわたって国内外の多くの人々に愛され、出会いと別れの1ページを刻み続けられる丸の内駅舎であってほしい」と願った。

開業から100年を超える歴史を持つ東京駅には数多くの豆知識が存在する。

まずは令和6年度上期から発行される新一万円札。表面のデザインは実業家の渋沢栄一であることは有名だが、裏面は丸の内駅舎が採用される。理由は「明治・大正期を代表する建築物のため」などとしている。

JR東日本の東京駅長は現在、同社管内で唯一の執行役員以上の駅長だ。他の駅長よりも位置付けが高いとみられるが、同社は「東京駅長の役位について特に定めはない」としている。

線区の起点駅にある「ゼロキロポスト」と呼ばれる距離標の設置は、JR東海分を合わせて15カ所に上る。線路わきの白いくいにキロ数が記されたタイプが一般的だが、東京駅では赤レンガの土台に「0」の形のオブジェが載ったもの、ホームに模様とともに「0Km POINT」と刻まれたものなどバラエティー豊かだ。探して歩いてみるのも楽しい。

この連載は福田涼太郎が担当しました。

変わる東京駅㊤ こだわり抜いた「玄関口」 構想から30年 明治・大正の熱気凝縮

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」