阪神・大山悠輔が中前2点打 第2戦猛打賞の4番が食らいついた

サンスポ
2点打を放つ阪神・大山悠輔(撮影・中井誠)
2点打を放つ阪神・大山悠輔(撮影・中井誠)

(セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦、ヤクルト―阪神、14日、神宮)阪神・大山悠輔内野手(27)が「4番・右翼」で出場。1-0の五回に中押しとなる中前2点打を放った。

2死二、三塁で迎えた第3打席で、カウント2―2から投じられた低めのスライダーに食らいついた。鋭い打球で二遊間を破り、走者2人が生還。リードを3点に広げた。

この回は先頭の青柳が左翼への二塁打で出塁するも、1番・中野がバントに失敗。無死二塁の好機が1死一塁となったが、2番・北條が左翼への二塁打を放って相手に傾きかけた流れを引き戻し、大山の一打につなげた。

大山はファーストステージでは11打数無安打だったが、ファイナルステージでは第1戦で待望の安打が飛び出し、第2戦も敗戦の中で3安打と奮闘。この第3戦も2打席目まで連続で四球を選んで出塁していた。

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」

  5. 母親が11歳娘に覚醒剤与えて交際相手とのわいせつ行為を撮影、立件した滋賀県警の執念